銀行ローンは消費者金融などと比較して審査基準が厳しいと一般的に言われています。そのため審査落ちする事を不安に思う人も少なくありません。公務員や上場企業での勤続年数が長い人は特に審査基準を気にせず申し込む人が多いですが、中小企業へ勤めている人やパートやアルバイトなどは銀行ローンは敷居が高いと感じるのが普通です。

確かに一昔前はパートやアルバイトの人が銀行ローンに申し込んでも審査落ちするのが普通でした。しかし現在では銀行もパートやアルバイト向けのカードローンなどにも積極的に取り組んでいます。そこで次のランキングを見てみましょう。

<<<挿入位置>>>

上記のランキングを見て分かるように、最近ではパートやアルバイトといった雇用形態で働いている人でも、銀行ローンの審査基準に通るようになってきています。しかし誰でも銀行ローンに審査落ちしないというわけではありません。銀行ローンの審査に通るにはいくつかのポイントがあります。

まず他社からの借入の状況が大きく影響します。複数の金融機関から既に借入金がある場合には審査落ちしやすくなってしまい、逆に申込時に借入金が無い場合だと審査上有利になります。1社程度からであれば借入金があっても審査基準に通る可能性はありますが、3社以上の金融機関から借入がある状況で申込をするとほぼ確実に審査落ちしてしまうので、そういった場合は既にある借入金の返済が済んでから申し込んだ方が賢明と言えます。

次にパートやアルバイトであったり勤務先企業の規模が小さくても、勤続年数が長いと銀行ローンでも審査落ちしにくい傾向にあります。この場合は収入額そのものは低くても、安定して長期間に亘って収入を得ることができると判断されるためです。

この他住宅や居住形態に関しても審査に影響を与えます。賃貸住宅よりも持ち家が有利で、居住年数は長い方審査落ちしにくいとされています。これは引越が容易にできるかどうかという点が絡んでいます。賃貸住宅で居住年数が短いと返済がきつくなった場合に、予告なく突然引っ越されてしまうという事もあり得るためです。持ち家で居住年数が長いとそういったリスクはかなり小さくなるため、銀行ローンでも審査落ちもしくくなります。

こうした点を基準に審査が行われますが、銀行ローンは仮審査と本審査に分かれている場合があります。そういった場合に両方の申込内容に相違が無いようにする事が重要です。勤続年数や年収額を水増しして記載したり、勤務先の規模などを脚色して記載するとそういった事が起こります。もし相違が生じてしまうと通常なら問題なく審査基準に通るはずの場合でも、信用を失い審査落ちしてしまいます。そのため申込の際には必ず真実を記載する事が大切です。

このような点を全てクリアしていればパートやアルバイトの人でも銀行ローンの審査基準に通りやすくなります。

このページの先頭へ