キャッシングで注意したい記録について

数あるキャッシングの中から一つを選ぶのは、意外と骨の折れる作業です。どのキャッシングもそれぞれ強みがあるため、今後使っていくキャッシングに相応しいかを決めなくてはなりませんが、気をつけたいのが多数のキャッシングに応募してしまうことなのです。

なぜ複数のキャッシングに応募してはいけないのかというと、そうした情報は記録として残ってしまうためです。この申込情報は各金融機関が参照できますし、それが審査に影響するケースは多数あります。ただし、申込期間は半年しか残らないため、それ以上の月日が経っている場合には新しく申し込んでも問題ないでしょう。

なぜ複数のキャッシングに申し込んではいけないのかというと、客観的に考えてみるとわかります。自身がキャッシング業者側だとして、数撃ちゃ当たると色々なキャッシングに手を出している債務者を信用できるでしょうか。なかなかそうはいかないはずです。これと同じ心理から、キャッシングでは推奨されない行為なのです。

必ずしも審査を通過できるとは限らないのがキャッシングの審査ですが、だからといっていくつも申し込んでいては心象を悪くするだけなのです。そうではなく、自分が通過できそうなキャッシングを狙い撃つ感覚で申し込みましょう。


このページの先頭へ