キャッシングは無理のない額で返済をする

キャッシングでは返済している間ずっと金利を支払わなくてはいけません。そのため少しでも早く解放されたくて無理をして返済することもあります。ですが生活ができないようなカツカツなやりくりをしていては、結局またキャッシングのお世話になることがあります。返済が終わっても、またすぐにキャッシングをしなくてはいけないのならその返済方法には無理があるということです。確かに金利は痛いと感じますが、現在蓄えがない人の場合、無理をして返済額を増やすよりも返済しながら貯蓄をしていくことも必要です。

例えば1万円ずつ返済しながら5千円を貯めていけば、次にお金が必要になったとしてもまずは貯蓄から使えます。1年続ければ6万円の貯蓄ができます。無理をして1万5千円を返済すれば、毎月の元本の減りは5千円ずつ早くなりますが、次にお金が必要になった時にはどうでしょうか。結局お金がなくてキャッシングを利用することになってしまいます。すると一旦減った借金がまた増えてしまいますので、返済のモチベーションも落ちてしまいます。

また返済が終わった時にもゼロからスタートより、少しでも貯蓄がある状態からのスタートのほうが精神的な負担も少なく済みます。返済できるギリギリの額を返済するのではなく、一部を貯蓄に回して無理なく返済することで上手に借金のコントロールができるのです。


このページの先頭へ